I'm Your Man / Wham!

FreeBird
これで3回目となりますが、俺が洋楽に興味を持ち始めたきっかけはワム!だった。
丁度この『アイム・ユア・マン』がリリースされる1年程前の事で、『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』の時点では知らなかったのだが、『ケアレス・ウィスパー』『フリーダム』『ラスト・クリスマス』『恋のかけひき』と立て続けに連続で大ヒットした頃のことであった。

『アイム・ユア・マン』『メイク・イット・ビッグ』フィーバーが一段落し、ワム!の新曲、次はいつ出るのかと非常に待ち遠しかった頃の待望のリリースであった。

発売日に無我夢中でレコード屋へこのシングルを買いに言った記憶がある。
そして早速聴いた時の第一印象は「あれ!?なんだこの曲は?!」「えっ!なんで??」といった具合であった。
軽快で乗りの良い優れたポップソングではあるが、ワム!のそれまでの一連の曲を聴いた時のような感動が無かったのである。

全米3位、全英1位と大ヒットとはなったものの、個人的には、どうもしっくりいかない気持であった。
その為、自分の中でワム!の全12曲のシングルに順位をつけるとしたら12位の結果となっている。

wham-i'm your man
I'm Your Man / Wham!
Written, Arranged and Produced by George Michael
EPIC/SONY / 07・5P-399
℗ 1985 CBS Records.
Manufactured by EPIC/SONY  INC. (Tokyo, Japan)

※ジャケット上部右に「先着5万名様 最新情報満載 ワム!新聞封入」とあるが、こちらは当時ワム!のマネージャーであったサイモン・ネピア・ベル氏への電話インタビューがB5サイズ見開き4ページにわたって掲載されている。

スポンサーサイト



FreeBird
Admin: FreeBird
趣味は音楽鑑賞。
主に80’s中心の洋楽への思い入れ強です。
楽器はギターを少しやっておりました。
楽曲の裏話等は詳しくないので、各曲の感想や、どのようにしてその曲と出会ったのかなどを日記みたいな感じで綴っていきたいと思っております。